2012年03月03日

乾癬とは


 乾癬の典型的な症状は、赤い発疹とその上に白色の鱗屑
(りんせつ。皮膚上皮の角質細胞が剥がれ落ちたもの)を伴う発疹が現れます。


 乾癬をウィキペディアで調べると
次のような難しい説明がなされています。

 乾癬になった部分は、周りの皮膚よりすこし盛り上がった状態になり、
大きな紅色局面(きょくめん。発疹によって一様な広がりをもつこと)を形成します。


頭皮、膝、肘など、外部からの刺激が強い部分にできやすいようです。
眼球と口唇以外、全身どこにでも発疹が現れます。
爪の表面に現れる場合、これを爪乾癬(つめかんせん)と呼びます。


 強い発疹のわりには、他の皮膚疾患に比べて痒みが少ないようです。
しかし、強い痒みを伴う人もいたりするなど、症状の度合や病変部位などによって、
非常に多様性のある病態を持っています。


 伝染することはありません。命にかかわることも全くない病気です。
その一方、カンセンという語感から伝染病であると勘違いされたり、
症状が皮膚へ目に見える形で現れているなどの理由で、
差別やイジメの温床になりやすいため、精神的に不安を抱えている人が
多いのが実情である。





 実際に乾癬にかかっている人を見たことがありません。
写真などで知っている程度でした。
しかし、乾癬で苦しんでいる人は、けっこういるようです。



 確かに、写真で見る限りちょっと気持ちが悪いと感じます。
それ故に、ウィキペディアに書かれていたようなイジメのような
ことになるのだと思います。



 その他の資料などを調べてみると、この病気は、
「一生治すことができない」と言われる、原因不明の難病のようです。



 “尋常性乾癬”であっても、現実に、6カ月〜1年で
キレイな肌を取り戻し、人前で堂々と肌を露出し普通の生活を
送っている人たちがいます。




世界的権威の医学博士“蔡篤俊(さいとくしゅん)”氏は、
尋常性乾癬について、次のようなことを言っています。


西洋医学では尋常性乾癬を完全に治すことができる治療法はありません。
しかし、ステロイド剤のような薬を使わない、副作用の心配をすることがない、
お金をほとんど掛けずに自力で改善できる乾癬克服法があります。



 この方法は、 口コミで広がり、現在73名の方たちが実践し
9割以上の方が効果を実感しています。
この方法を知りたい方は、下記サイトをご覧になってください。
 
【乾癬】6ヶ月克服実践プログラム


posted by psoriasis at 18:00| Comment(0) | 乾癬とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。